ED治療薬を飲んで勃起できる身体になる

ED治療薬で勃起できる仕組み
ED(勃起不全)は改善できる病気です。
ペニスの機能が低下する意味を英語で、Erectile Dysfunction(ED)と言います。
ED治療薬はPDE5阻害薬と呼ばれ、血流を邪魔する酵素の働きを抑制します。
作用のバランスはそれぞれ異なりますが、バイアグラやシアリスなどの有名な治療薬も、目的はすべて一緒です。
自分のスタイルにあった治療薬選べるので、効果的に改善していけます。
【ED治療薬の特徴】
バイアグラ=勃起力。
レビトラ=即効性
シアリス=長時間の作用

EDは性的刺激を感じても、脳から男性器にうまく伝達できず、陰茎に血流を増やすことができません。
ペニスにある海綿体に血液がパンパンに溜まっていかないと、膨張し勃起できないからです。
勃起するために大事なのは、PDE5とcGMPのバランスを整えること。
勃起不全の方は、PDE5(男性器を鎮める)が活発に働いてしまいます。
ED治療薬を服用してPDE5を阻害すると海綿体のcGMPを増加していくので、平滑筋が弛緩し、陰茎部分に血流を取り込み勃起します。

性的刺激・興奮がないかぎり勃起はしないのでご安心ください。
作用が続く間は、勃起できるコンディションが維持できる仕組みです。

安全に服用していくためには、身体の状態や服用方法をチェックしておかなければいけません。
【服用方法とは】
・飲むタイミングは食前?食間?食後?
・服用量はどのくらい?
・併用禁忌薬は飲んでいないか
など。

改善していくためには、正しい服用方法を守ることが大事です。
「効果を感じないから服用しない」というのは、薬のせいだけではありません。
勃起してパートナーとセックスを前向きにしていくためにも、ED治療薬は大事な手段です。
男性の4人1人が悩んでいるEDを放っておかずに、受け止めて改善していきましょう。