飲む前にチェック!ED治療薬の副作用

副作用を気にする手

ED治療薬を服用する際には、体調を崩す恐れがあることを把握しておきましょう。

ED治療薬には頭痛や鼻づまりなど共通する副作用があります。
またごくまれに発症するプリアピズムという副作用は、最悪の場合陰茎を切断しないといけないといったケースも。

副作用が起こる仕組みを理解して、「副作用があることを知らなかった」と大変な事態になる前にしっかりチェックしていきましょう!

頭痛や鼻づまりはデフォルトと心得よ

ED薬を飲むと、男性の性器に血液を集めるために血管を拡張させる作用が働きます。血管を拡げることで身体中の血流がアップするので、以下のような副作用が現れ始めます。

・頭痛
・鼻づまり
・ほてり
・顔の潮紅

バイアグラやレビトラ、シアリスに共通している副作用で一般的には、軽度とされている症例ですが感じ方には個人差があります。また血圧を下げる作用もあるため、普段から降圧剤を服用している人は注意が必要です。

勃起不全治療薬の他にも使用している薬がある人は、必ずかかりつけ医に相談してから処方してもらいましょう。

勃起が続くのは危険なサイン

持続勃起症(プリアピズム)とは、性欲に関係なく4時間以上勃起する副作用です。
薬の効果でよくなった血流の流れがとたんに悪くなる症状で、放置してしまうと壊死していきます。
痛みを伴うものとないものがあり、激しい痛みがある場合は緊急を要します。痛みを感じない症状は、すぐに病院へ行く必要はありませんが医師と相談する必要があります。

放置しておくと最悪の場合、陰茎を切除しないといけないという事態に陥りかねません。
ED薬を服用して射精しても長時間勃起が治まらず、なおかつ激しい痛みを感じた場合はすぐに病院へ行きましょう。